弊社について
弊社について
私たちは誰?
 
地球温暖化と環境汚染が進んでいる昨今、環境の保護は私たちの義務的な責任となっています。達亜集団は30年の経験及び安定な技術により、ブランド初となる環境に優しいPVC-FREEの広告材料KAVALANを開発しました。
環境に配慮したKAVALANブランドは、大判デジタル印刷素材の分野に革命をもたらし、従来の素材、品質、外観に合わせながら、プラスチックゼロ素材の目標を目指します。KAVALANは大判デジタル印刷業界に高品質で革新的なソリューションを提供します。
 
 
ブランド物語
 
ロゴの設計理念
KAVALANブランドの名称は達亜集団の発祥地—台湾の「宜蘭」から名つけました。人の目を引く緑の配色は、エコと繁栄する活力を表しています。
メインビジョンのダイヤは宜蘭の鳥瞰図をデザインアイデアとして採用され、接続された水滴はKAVALANが提供している製品のバランスを表しています。
 
ブランド価値
ある人は、「成功への道は険しいかも知れないが、混雑ではない。それは、最後まで堅持する人が少ないからだ。」と言いました。 KAVALANが誕生してから、私たちは環境を保護し、次世代の為に自然を救うという初心を忘れず、「正しいことをする」と主張しています。この信念は決して揺らぐことも変わることもありません。
新しい領域を開拓する決意を持ち、私たちは自分たちをエコ革命のパイオニアと読んでいます。難しいことですが、それが成功する唯一の方法です。この粘り強い精神力を製品の開発と生産に打ち込み、エコ環境が単なるスローガンではなくなるよう目指しています。 KAVALANの使命は業界をリードし、新しい環境に優しいエコ素材を生産することです。これにより、環境の汚染が減り、世界が暖かくなります。
 
 
歴史
 
2008
第一世代のPVC-FREEの広告材料の開発に着手。
 
2009
第一世代のEco-7&Bio-7 PVC-FREEの発売に成功し、同時にドイツでも販売されています。
 
2010
欧州で「Eco-7&Bio-7」の販売開始。
 
2011
Eco-7とBio-7を統合してKAVALANと正式に命名し、KAVALANの完全な製品ラインの開発を開始しました。
 
2012
KAVALAN 5m幅の水性塗料の設計に着手するとともに、第2世代の環境技術開発にも注力する。
 
2013
第二世代技術のGeckoシリーズが登場。
 
2014
KAVALANは独自の生産ラインを持っている。
 
2015
· TAYAの研究開発チームは、第二世代の技術でスパイダーウェブ&バタフライ素材の試作に成功しました。
· 「Eco-7」と「Bio-7」の素材は、第2世代の技術でアップグレードされ、「Sunlight」と改称されています。
 
2016
KAVALANは、世界初のPVCフリーブランドとして、第3世代のスプライシング技術を駆使した製品群を揃えています。
 
2017
エコブランド「0%PVC,100%Clean」のKAVALAN正式開始。
 
2019
· KAVALANはデジタル印刷業界で、幅5メートルまで使用できる唯一のPVCフリーイングジェット材料になりました。
· ベルギーにKAVALANの倉庫を設立し、物流輸送サービスを提供します。
 
2020
· ベルギーにKAVALANの倉庫を設立し、物流輸送サービスを提供します。
 
2021
商品特徴
100%エコ
無添加PVC
水性塗料
軽量
フタル酸エステルフリー
難燃剤
LCA
ライフサイクルアセスメントの概念は、原材料の取得、製造、流通から廃棄物処理まで潜在的な環境影響の評価と見られる。達亜集団のSGS部署が監察しているKavalanブランド全シリーズの商品は、LCA規格に準拠しているだけでなく、非PCV広告バナー製品のLCAを取得した初の企業です。水の消費量の削減と炭素排出量の大幅な削減から、原材料と生分解性の水性塗料まで、KAVALANがPVC広告バナーの完璧な代替品であることを示しています。KAVALANが起こしたエコ革命はこれからです。
認証
CE-EN71
ISO9001
ISO14001
LCA
REACH
RoHS